マーケットレポート(weekly)

<2017年10月23日>

【概要】

先週の原油先物相場は、BRENT、WTIともに下落した。(BRENT:-$0.07 WTI:-$0.40)
11月CP先物は$563 で始まり、$554で取引を終えた。

【原油マーケット】

BRENT週間推移 : $ 57.82 → $ 57.75   WTI 週間推移: $ 51.87 →  $ 51.47

マーケットの上げ材料は①米国による対イラン制裁の再施行の可能性②イラク情勢をめぐる地政学的リスクの高まり③ルイジアナ州で発生した石油掘削リグの爆発事故④中国原油輸入量の増加(9月)⑤米原油在庫の前週比570万バレルの減少など。下げ材料は①IEAによる石油需要見通しの下方修正②ドル高・ユーロ安の進行③利益確定の売りなど。

【LPGマーケット】

中東マーケット

中東マーケットはサウジアラムコが11月積みのアクセプタンスを各社に通達し、複数のカーゴの積み日が変更となった模様。 中東勢で販売意欲のあるプレーヤーは少なく供給は限定的な模様。

欧米マーケット

相場週間平均:$477
<米国>米国指標の情報はこちら(会員専用)
プロパン在庫は前週比約9万1千bbl減少(累計7,883万bbl/約630万MT)となった。米国内のプロパンに対する買い気が一服しており、結果前週対比相場を押し下げた。

<欧州>
プロパン、ブタンともに小幅に値を上げた。各社在庫高のため暖房用、石化用ともに需要が弱い模様。

アジアマーケット

極東相場は売り買いともに動きが見られたが、売り手が多く見られたことや原油相場の下落に釣られプロパン、ブタンともに値を下げた。

フレートマーケット

フレートは$29.214 で始まり、$30.929 で週を終えた。船の供給が引き締まっているため、引き続きやや上昇傾向の見込み。

バンカーマーケット(極東)

バンカー相場は$342.00 で始まり、$339.00 で週を終えた。

先物マーケット

【CPスワップ($/MT)】
11月 P/B=$554/$559
12月 P/B=$552/$557
1月 P/B=$547/$552

【MBスワップ($/MT)】
11月 P=$474
12月 P=$473
1月 P=$468

【価格推移】

サウジCP推移表

2017年10月CPは以下の通りです($/MT)。
プロパン$575/MT(前月比+$95)、ブタン$580/MT(前月比+$80)
A/L (9月1日~30日平均、$53.634)の熱量換算比は、P: 130.8%(前月比 +13.3%)、B: 133.7%(前月比 +9.6% )。
過去のCP推移はこちらをクリックしてください。

ANSI (旧 北海価格)・アルジェリア価格

10月の旧北海価格及びアルジェリア価格は、以下の通りです($/MT)。
ANSI (旧 北海価格)
プロパン: $514.5 ブタン: $505.5
アルジェリア価格
プロパン: $525.0 ブタン: $520.0