マーケットレポート(weekly)

<2022年8月8日>

【概要】

先週の原油先物相場は、BRENT、WTIともに下落した。 (BRENT −$5.11 WTI −$4.88 )
9月CP先物は $664 で始まり、 $644 で取引を終えた。

【原油マーケット】

BRENT週間推移 : $100.03 → $94.92 WTI週間推移 : $93.89 → $89.01

マーケットの上昇材料は①OPECプラス会合での追加増産が小幅にとどまったこと②米雇用統計から見る景気回復への期待感など。下落材料は①景気の冷え込みによるエネルギー需要の鈍化懸念②米原油在庫の増加③ドル高・ユーロ安の進行など。

【LPGマーケット】

中東マーケット

中東サプライヤーがスポット販売入札を実施するなど、潤沢な供給が下押し要因となり相場を押し下げた。

欧米マーケット

相場週間平均:$578米国指標の情報はこちら(会員専用)
<米国>プロパン、ブタンともに下落した。
先週発表された米国プロパン在庫は前週比182万バレル増の累計6,361.4万バレル(511万トン)となった。

<欧州>プロパン、ブタンともに下落した。
夏季に伴う熱需要の低迷、輸入増による在庫高が下押し要因となり、相場を押し下げた。

アジアマーケット

プロパン、ブタンともに下落した。
原油安に加え、供給過剰感が下押し要因となり値を下げた。

フレートマーケット

フレートは、 $61.857 で始まり、 $59.286 で週を終えた。
船腹需給の緩和感が根強く、下落基調で推移した。

8日時点における当社の中東・米国合成フレート想定値は、P 10,100円/t、B 9,000円/t。

バンカーマーケット

バンカー相場(LSMGO)は $1,040 で始まり、 $975 で週を終えた。

先物マーケット

【CPスワップ($/MT)】
9月 P/B=$ 644 /$ 634
10月 P/B=$ 652 /$ 640
11月 P/B=$ 660 /$ 648

【MBスワップ($/MT)】
8月 P=$ 559
9月 P=$ 555
10月 P=$ 553

【価格推移】

サウジCP推移表

2022年8月CPは以下の通りです($/MT)。
プロパン$670/MT(前月比-$55)、ブタン$660/MT(前月比-$65)
A/L (7月1日~31日平均、$109.667)の熱量換算比は、P: 74.5%(前月比-0.8%) 、B: 74.4%(前月比-1.9%)。
過去のCP推移はこちらをクリックしてください。

ANSI (旧 北海価格)・アルジェリア価格

8月の旧北海価格及びアルジェリア価格は、以下の通りです($/MT)。
ANSI (旧 北海価格)
プロパン: 633.5 ブタン: 628.5
アルジェリア価格
プロパン: 660.0 ブタン: 645.0