電力事業

電力切替をご検討の法人需要家様

アストモスはこれまで、「LPガス」を利用した節電やエネルギー利用の効率化のサポートをご提供して参りました。
需要家様の抱えるエネルギー関連の課題はLPガス領域にとどまらないため、全ての需要家様が利用する「電力」を自らが小売電気事業者として供給することで、幅広いエネルギーに関するサポートを実施して参ります。

電力切替をご検討の需要家様

弊社がご提案する電力契約のポイント

これからはお客様自身でより安い電力を自由に選べる時代。

弊社の電力契約では、お客様の電力会社切り替えに伴う費用のご負担はありません。また、切り替えに際してこれまでご利用されていた電力会社への連絡など、殆どの手続きは弊社が行ないますので、
煩雑なお手続きもありません。

さらに、切り替え後も電力供給の安定性はこれまで通りですので、安心して電気をご利用いただけます。

詳しくは「変わらぬ安定供給と品質の確保について」

弊社がご提案する電力契約のポイント

お客様のコストメリットを創出できる理由

お客様のコストメリットを創出できる理由

変わらぬ安定供給と品質の確保について

変わらぬ安定供給と品質の確保について

※電力会社の送配電網を利用しているため、落雷等による送電網に起因する停電は、従来通り発生する可能性があります。

電力取扱をご検討の特約店様

エネルギーシステム改革により、多様なサービス競争が活性化するなか、電力小売事業を含めたワンストップサービスの検討も始まっています。アストモスでは、いち早く小売電気事業者の資格を取得、電力への取り組みを強力にサポートする体制を整備しております。

Astomos Energy事業範囲

電力調達・需給管理に必要なことは大きく4つあります。

需給管理機能の構築

インバランス(高額な費用負担)とならないよう、季節・気温・天候等の変化に合わせ、30分ごとの需給管理を行う必要があります。

日常業務体制の構築

需給管理には、専用システムを導入する他、専任の人員体制の構築が必要です。

電源の早期確保

安定供給のため、供給条件やリスクを見極めながら、一定の競争力を持つ電源を継続的に確保する必要があります。

連系線利用枠の調整

エリア外発電所からの調達に必要な連系線は、利用計画の提出と、その範囲内での利用の遵守が必要となります。

これら専門性が高く煩雑な電力小売関連業務を、すべてアストモスにお任せいただけます。

アストモスのサポート体制について

01-18-01

当社では、2015年2月1日よりPPS事業者(特定規模電気事業者)として、2016年4月1日からは小売電気事業者として、高圧領域の需要家さまへ電力を供給しております。
完全自由化に併せ、高圧領域の需要家さまだけでなく、低圧領域のお客さまに対しても、特約店さまが「LPガスと電力及び関連するサービスをワンストップで提供」できるようなサポートを提供して参ります。